» ミゾソバ

(タデ科)

ミゾソバ

学会名
Polygonum thunbergii Siebold et Zuccarini
中国名
戟葉蓼
生薬名
ミゾソバ
薬用部
利用法
民間薬:リウマチに煎服。
由来
ウグサは、果実が金米糖に似ていることによる。もう一方の別名ウシノヒタイは矛形の葉の形が見方を変えると牛の額に似ていることによる。

特徴

北海道から九州及び朝鮮半島、中国、台湾、ウスリーに分布し、原野、道ばたの湿った所に群生する1年草。草丈30 〜50cm。葉は矛形で先端は尖り、互生する。8〜10月、薄紅色と白色の小さな花10 〜20個が集まり、枝先に頭状に咲かせる。花びらに見えるのはがくである。茎に下向きにトゲがあるので注意を要する。別名コンペイトウグサ、ウシノヒタイ。
溝に咲くソバ類ということからミゾソバといわれる。別名コンペイト


ページトップ