» ゲンノショウコ

(フウロソウ科)

ゲンノショウコ

学会名
Geranium thunbergii Siebold et Zuccarini
生薬名
(局)ゲンノショウコ
薬用部
地上部
利用法
民間薬:下痢止め、整腸、健胃に煎服。 煎じる時間により相反する作用となり、下痢止めには10分以内、 便秘には20〜30分煎じる。
由来
「現の証拠」「験の証拠」といわれる様に、飲めばたちどころに効果が出るということによる。 別名のミコシグサは、実がはじけた後、御輿のように見えることによる。

特徴

日本全国に分布し、郊外の畦道や道ばたに自生する多年草。草丈20 〜50cm。8〜11月、茎の上部に紅色、白色の花を咲かせる。花後、槍状の実をつけ、熟すとはじけて傘状に開いて種子を飛ばす。センブリ、ドクダミと共に古くから親しまれている薬草である。九州では白花は少ない。


ページトップ