» クサギ

(クマツヅラ科)

クサギ

学会名
Clerodendrum trichotomum Thunberg
中国名
海州常山
生薬名
臭梧桐(シュウゴトウ)
薬用部
茎、葉
利用法
民間薬:リウマチ、高血圧、下痢に煎服。腫れもの、痔に外用。
由来
葉に特異な臭いがあることによる。又、生薬名の臭梧桐はアオギリの葉に似ていることによる。

特徴

日本全国及び朝鮮半島、中国に分布し、日当たりの良い山地丘陵に自生する落葉性低木。樹高2〜5m。葉に特異な臭いがあるが、春の若い葉をおひたしにして食べることもある。8 〜9月、独特の香りがある白い花を咲かせる。果実は熟すると青紫色になるので昔は染料として使用していた。


ページトップ