» ガガイモ

(ガガイモ科)

ガガイモ

学会名
Metaplexis japonica (Thunb.) Makino
中国名
蘿藦
生薬名
蘿藦子(ラマシ)
薬用部
葉・種子
利用法
民間薬:強壮、強精に内服。種子の白毛は止血に外用。茎や葉の白色の乳汁は切り傷、虫さされ、いぼとりに外用。
由来
カガミイモが訛ったことによる。

特徴

北海道から九州及び東アジアに分布し、日当たりの良いやや乾いた原野や道ばたに自生するつる性多年草。8〜9月、淡紅色の花を咲かせる。果実は10cmほどの袋状で、中に絹糸状の白毛があり、これを綿の代用に、また印肉に利用していた。つるを切ると白色の乳汁が出る。つるは強靱なので釣り糸や弓弦にも使用されていた。


ページトップ