» アマチャズル

(ウリ科)

アマチャズル

学会名
Gynostemma pentaphyllum (Thunb.) Makino
中国名
絞股藍
生薬名
アマチャズル
薬用部
利用法
民間薬:鎮咳、利尿、滋養強壮に煎服。
由来
葉をかむと甘茶のような甘味が少しあることによる。

特徴

北海道から九州及び中国に分布し、林の道ばたや、薮の中に多く自生するつる性多年
草。茎は細長く、葉は3〜7個に分れる。8〜9月、黄緑色の小さな花を咲かせる。花
後、黒い果実をつける。中国では根茎または全草を解毒、鎮咳、去痰に用いる。日本で
は1980年頃、朝鮮人参に含まれる成分が見つかり、薬用に使われだした。


ページトップ