福岡市薬剤師会

会員管理システム

福岡で観察できる薬草

トチバニンジン

ウコギ科
トチバニンジン
学会名 Panax japonicus C. A. Meyer
中国名 竹節参
生薬名 (局)チクセツニンジン(竹節人参)
薬用部 根茎
利用法 漢方薬:小柴胡湯(人参の代用)。
特徴 北海道から九州に分布し、山地の樹下に自生する多年草。草丈50 〜 60cm。5 〜6月、白い小花を房状に咲かせる。花後、赤い実をつける。オタネニンジン(朝鮮人参)と同属であり、地上部はよく似た形をしているが、地下部は異なり、またその薬効も異なる。オタネニンジンのように、滋養強壮作用はない。健胃、鎮咳、去痰作用がある。
由来 トチバニンジンは、葉の形がトチノキの葉に似ていることによる。また、生薬名チクセツニンジンはその根茎が竹の節に似ていることによる。

福岡市薬剤師会、医薬品についてのお問い合わせはこちらCONTACT

お問い合わせ