福岡市薬剤師会

会員管理システム

市民のみなさま

【新着・更新】「第15回 NO DRUG, KNOW DRUG キャンペーン」!

第15回 薬物乱用防止

NO DRUG,KNOW DRUGキャンペーン

~やめよう乱用!正しく学ぼう くすりの知識!~

「ほっとけんし!FUKUOKA」
◉ Instagram FacebookYouTube でも展開中!クリック!
◉ radikoで聴こう!(FM fukuoka 80.7kHz)!クリック!

 

【広げる広がるNO DRUG,KNOW DRUG!】

★2024.7.20 NEW
◉政令指定都市薬剤師会統一薬物乱用防止キャンペーンを
実施します

【Press Release ] 
〜メディア関係の皆様、市民の皆様へ〜

 

 福岡県内の令和5年の大麻事犯検挙者数は475人と過去最多を記録し、このうち30歳未満の若年層が約8割を占めており、深刻な社会問題となっています。

「依存性がないから大丈夫。」「大麻は害がない。」等の間違った知識による薬物乱用は、自身の一生と周りの人間関係をすべて破壊してしまいます。一人ひとりが正しい知識を持って立ち向かうことで、薬物問題の撲滅につながります。
全国の政令指定都市において、毎年同日に薬物乱用防止街頭キャンペーンが実施されます。今年は、JR博多駅博多口にて、覚醒、大麻などの乱用防止及び市販薬のオーバードーズの防止について呼びかけますので、広くお知らせくださいますようお願いいたします。

日時:令和6年7月20日(土)16:30~17:30(予定数の配布により終了)

場所:JR博多駅博多口・賑わい交流空間(福岡市博多区博多駅中央街)

主催:一般社団法人福岡市薬剤師会
共催:福岡市

活動内容:薬物乱用防止啓発資材の配布

【問い合わせ】
〇福岡市薬剤師会事務局
電話:714-4416
(担当:井手)
〇保健医療局保健所地域衛生部医薬務・衛生推進課
電話:791-7263(内線199-922)
(担当:肥前、本田)

★2024.7.5.
◉福岡市と薬物乱用防止 街頭啓発キャンペーンを実施!

若者2万人の街、福岡大学キャンパスにて、福岡市、地域防犯や保護司などの団体・福岡大学の学生と職員など皆で薬物乱用のない未来のFUKUOKAを目指し、大学構内で啓発活動を展開しました。私たち福岡市薬剤師会会員も、学生さんを中心に資材配布や呼びかけを行いました。

「夏休みには、巻き込まれないように!」などを伝えつつ、、、街頭活動によってNO DRUG,KNOW DRUGを推進する仲間が増えたのではないかと感じています。

 

★2024.7.1.キャンペーンスタート!
◉ラジオOn Air メッセージ(FM FUKUOKA 80.7 絶賛OA!7.1~8.31)

賛同いただいた著名人の方々が声の啓発メッセージに参加!
来福アーティストやタレント、スポーツ選手などなど皆さんも次々応援してくれます!

◉ラジオメッセージ収録した時の模様

木原太郎 福岡市薬剤師会 会長

 

高島宗一郎 福岡市長

 

原口 亨 福岡県薬剤師会 会長

 服部誠太郎 福岡県知事

 武内和久 北九州市長

 

石橋正信 福岡市教育長

 

 

第15回 薬物乱用防止 NO DRUG,KNOW DRUG キャンペーン2024

今年も福岡市薬剤師会は、7月1日(月)から、福岡市、エフエム福岡ととも薬物乱用防止活動「NO DRUG, KNOW DRUGキャンペーン」を行います。15回目の節目となる今回は「ほっとけんし!FUKUOKA」を合言葉に、医療関係者・警察関係者・教育関係者および行政などと一丸となり、薬物乱用防止に向け啓発活動に尽力してまいります。

【キャンペーン期間】
2024年7月1日(月)~2024年8月31日(土)

【今年度テーマ】
『一般用医薬品(OTC)乱用の危険性の周知』/
『大麻の有害(危険)性の周知』

【NO DRUG, KNOW DRUGキャンペーンに向けた想い】

〜社会問題になっているオーバードーズ。今、私たち薬剤師にできることは?〜

今、若者を中心に市販薬や処方薬の過剰摂取、いわゆるオーバードーズ(OD)が急増しており、深刻な社会問題となっています。その背景には、自分に自信が持てない、本音が言えない、人とのつながりの低下など、本人を取り巻く環境が影響しており、このような問題に向き合い、薬についての正しい情報を伝えることは、我々薬剤師の責務と感じています。

今年の「NO DRUG, KNOW DRUG キャンペーン」期間は、7月1日から9月1日までです。15年目の節目となる今年は、「ほっとけんし!Fukuoka」を合言葉に、福岡市、エフエム福岡、大学、企業など多くの団体と協力しながら、薬物乱用防止活動を行っていきたいと考えています。また、若年層に向けたメッセージの発信として、SNSの活用にも力を入れていきたいと思っています。

薬物乱用のない明るい未来を目指して、我々薬剤師は一丸となり、啓発活動に取り組んで参りたいと思っています。

〜ポスターデザインに寄せて〜

今年は、キャンペーン合言葉である「ほっとけんし!FUKUOKA」にちなんで、「助け合い」をテーマに、ポスターを作成しました。このデザインには、人々が、手と手を取り合い支え合う「繋がりのある社会」への想いが込められています。

「心のつながり」が感じられる温かい社会を作っていく。その先に、子ども達の明るい未来、薬物乱用のない、明るい街「FUKUOKA」が出来ると信じています。

実行委員長 吉村宏

【第15回 NO DRUG, KNOW DRUG 啓発イベント】
今年度も啓発イベントを開催いたします。ぜひお立ち寄りください。 

【日時・場所】
2024年9月1日(日) 12:00~16:30

三井ショッピングパークららぽーと福岡


 

<第15回  NO DRUG, KNOW DRUGキャンペーン実施要領> 

(企画1)ポスター啓発
・会員薬局、市立学校、県立学校、公民館、協力団体での掲示
・協力団体でのデジタルサイネージ放映

(企画2)啓発コメント告示(20秒スポット)
・特別協賛著名人による啓発コメントをエフエム福岡から放送

(企画3)啓発15秒動画放映 
・啓発動画をソラリアビジョンで放映 

(企画4)啓発ラジオ番組の放送(エフエム福岡)  
・啓発5分番組の放送
(8月の毎週月曜15:55~16:00)

・啓発イベント特別番組 の放送

(企画5)啓発YouTubeの制作及び公開
・市薬剤師会・大学生制作の啓発YouTubeの公開
NO DRUG, KNOW DRUG FUKUOKAちゃんねる

(企画6)啓発イベントの開催   
・日時:9月1日(日)12:00~16:30
・会場:三井ショッピングパークららぽーと福岡

 

福岡市薬剤師会、医薬品についてのお問い合わせはこちらCONTACT

お問い合わせ