» ヒトツバ

(ウラボシ科科)

ヒトツバ

学会名
Pyrrosia lingua (Thunb.) Farwell.
中国名
石韋
生薬名
ヒトツバ
薬用部
利用法
民間薬:利尿に煎服。
由来
根茎部が長く伸びて、次々と1枚の葉を出して繁茂することによる。

特徴

南関東以南、四国、九州、沖縄及び朝鮮半島、中国南部、台湾、インドシナに分布し、乾いた岩上や樹上に着生する常緑性シダ植物。葉は30 〜 40cmの単葉で厚く硬い革質である。
日本ではあまり使用されていないが、中国では現在も尿路結石や腎炎の治療などに使われている。


ページトップ