» ノキシノブ

(ウラボシ科)

ノキシノブ

学会名
Lepisorus thunbergianm (Kaulf.) Ching
中国名
瓦韋
生薬名
八目蘭(ヤツメラン)
薬用部
全草
利用法
民間薬:利尿、解毒、消炎などに煎服。腫れものに外用。
由来
屋根の軒端によく見られることによる。

特徴

日本全国及び朝鮮半島、台湾、中国に広く分布し、木の幹や枝、岩、家の屋根など半日陰の場所に自生する常緑性シダ植物。草丈は10 〜 30cm。
長く横に伸び、根茎から葉が並んで出る。葉は肉厚で細長く、表面は深緑色で、裏面は淡緑色。胞子のう群は裏面の上半部につく。


ページトップ