» ヨシ

(イネ科)

ヨシ

学会名
Phragmites communis Trin.
中国名
芦葦
生薬名
根茎:蘆ロ コン根  茎:葦イ ケイ茎
薬用部
根茎、茎
利用法
民間薬:消炎、利尿、止瀉に煎服。 漢方薬:葦茎湯。
由来
古くはアシといったが“悪し”に通ずるとしてヨシと呼ぶようになった。 アシは青しが短縮されたことによる。

特徴

日本全国及び世界中の温帯、暖帯、亜寒帯に広く分布し、沼、河岸に自生する多年草。根茎は長く泥中に横たわり、茎は中空の円柱形で長さは1〜3mで堅い。葉は革質で互生して、細長く先がとがっている。長さ約50cm。8〜10月、茎の先に小さな花を大きな円錐状に咲かせる。茎をすだれ、よしず、天井張りに利用する。別名アシ。


ページトップ