» ヤクシソウ

(キク科)

ヤクシソウ

学会名
Youngia denticulata (Houtt.) Kitamura
中国名
苦 菜
生薬名
薬師草(ヤクシソウ)
薬用部
頭花
利用法
民間薬:皮膚の腫れものに外用。
由来
葉の形が薬師如来像の光背によく似ていることによる。

特徴

北海道から九州及び朝鮮半島、中国、台湾、インドネシア、インドに分布し、日当たりの良い山地、原野、道ばたなどに自生する越年草。草丈50cm 〜 1m。葉は葉柄がなく、耳状で茎を取り巻くようにつく。9〜11月、黄色の花を咲かせる。


ページトップ