» メハジキ

(シソ科)

メハジキ

学会名
Leonurus sibiricus Linne
中国名
益母草
生薬名
全草:益母草(ヤ クモソウ)   種子:茺蔚子(ジ ュウイシ)
薬用部
全草・種子
利用法
民間薬:婦人薬、利尿に煎服。   漢方薬:芎帰調血飲。
由来
子どもの遊びで茎を短く切り、瞼にはさみ、目を閉じる時に遠くに飛ばしていたことによる。 又、生薬名「益母草」は、母に益がある草と言われるほど、産後の止血や、子宮回復に用いられることによる。

特徴

本州から琉球諸島及び台湾、朝鮮半島、中国に分布し、日当たりの良い野原や道ばたに自生する越年草。草丈50cm 〜1m。茎は四角で、8 〜9月、淡紅色の唇型の花を咲かせる。種子は10月頃採取する。


ページトップ