» メナモミ

(キク科)

メナモミ

学会名
Siegesbekia pubescens Makino
中国名
豨薟
生薬名
豨薟(キレン)
薬用部
全草 
利用法
民間薬:腫れものに煎服。生葉を毒虫、ハチなどの傷に外用。 漢方薬:豨薟丸。
由来
オナモミに比べ、小形であることからメナモミと名づけたことによる。

特徴

北海道から九州及び朝鮮半島、中国、アムール、ウスリーに分布し、山野、荒地などに自生する1年草。草丈50cm 〜1m。茎は直立して伸び、白毛が密生する。葉は対生し9〜10月、枝先に黄色の頭花を上に向けて多数咲かせる。


ページトップ