» ヒキオコシ

(シソ科)

ヒキオコシ

学会名
Isodon japonicus (Burm.) Hara
生薬名
葉、茎
薬用部
葉、茎
利用法
民間薬:腹痛、胃痛、食あたりに煎服。
由来
昔、弘法大師が、倒れていた行者に、近くに生えていたこの草のしぼり汁を与えて、たちどころに回復させ、ひき起したことによる。

特徴

北海道南部から九州及び朝鮮半島に分布し、やや乾燥した山地に自生する多年草。草丈50cm 〜1m。茎は断面が四角。8〜10月、薄紫色の小花を多数つける。葉をちぎってなめると苦い。太平洋戦争の頃、小豆島のお寺でこの薬草を栽培したところ評判になり、日本薬局方に延命草の名で採用されたことがある。


ページトップ