» ネナシカズラ

(ヒルガオ科)

ネナシカズラ

学会名
Cuscuta japonica Choisy
中国名
大菟絲子
生薬名
菟絲子(トシシ)
薬用部
種子
利用法
民間薬:滋養強壮、腰痛に煎服。ソバカス、あせもに外用。薬用酒としても服用。 漢方薬:五子衍宗丸、菟絲子丸。
由来
寄主植物に寄生根を出すと、その下のつるは枯れてしまって、根のない状態になることによる。

特徴

日本全国及び朝鮮半島、中国、アムールに分布し、山野に自生する寄生植物のつる性1年草。芽生え時は土中に根をはり、細い茎を伸ばして寄主植物に巻きつき、吸盤で養分を吸収し、根も葉もなくなる。8〜9月、筒状の白色の小花を多数咲かせる。果実は10月頃、完熟直前に採取する。最近は外来種が多くなっている。


ページトップ