» ナワシログミ

(グミ科)

ナワシログミ

学会名
Elaeagnus pungens Thunberg
中国名
胡頽子
生薬名
胡頽子(コタイシ)
薬用部
果実
利用法
民間薬:下痢、口渇、咳に煎服。
由来
苗代を作る頃に赤く熟した実がつくことによる。グイはトゲのことで、グイにつく実から、グイミとなりこれが訛ってグミになった。

特徴

本州関東以西、四国、九州及び中国に分布し、暖地の海岸地方や山野に自生する常緑性低木。樹高1〜3m。茎にトゲがある。葉は固く、縁は波打ち、裏側に反り返る。裏面は白っぽい。10 〜11月、葉の付け根から白い花を下向きに咲かせる。果実は翌年の初夏に、鈴状に赤く熟する。実は渋みのある甘酸っぱい味がして食べられる。実のなる季節により、ナツグミ、アキグミなどがある。


ページトップ