» ツルリンドウ

(リンドウ科)

ツルリンドウ

学会名
Tripterospermum japonicum (Sieb. et Zucc.) Maxim.
中国名
青魚胆草
生薬名
ツルリンドウ
薬用部
全草
利用法
民間薬:黄疸やリウマチ、回虫駆除に煎服。
由来
花はリンドウに似て、茎はつる状であることによる。

特徴

北海道から九州、千島列島南部及び朝鮮半島、中国、台湾に分布し、山地、原野、道ばたなどに自生するつる性多年草。葉は、三角状卵形で先が尖る。8〜10月、葉の付け根につり鐘状で、淡紫色の花を咲かせる。花後、よく目立つ小さくてリンゴのような赤い実をつける。


ページトップ