» シラヤマギク

(キク科)

シラヤマギク

学会名
Aster scaber Thunberg
中国名
東風菜
生薬名
シラヤマギク
薬用部
全草
利用法
民間薬:めまい、頭痛に煎服。
由来
山地に白い花を咲かせる菊ということによる。

特徴

北海道から九州及び朝鮮半島、中国に分布し、山地の道ばたに自生する多年草。茎は直立し、草丈50cm〜1.5m。茎に付く葉には翼がある。葉の表面には短毛がありざらつく。8〜10月、白色の頭状花を咲かせる。
早春のころの若芽を婿菜(ムコナ)と呼んで食用にする。


ページトップ