» ジャノヒゲ

(ユリ科)

ジャノヒゲ

学会名
Ophiopogon japonicus Ker-Gawlel
中国名
麦門冬
生薬名
(局)バクモンドウ(麦門冬)
薬用部
槐根
利用法
漢方薬:麦門冬湯、滋陰降火湯、炙甘草湯。
由来
細長い葉が根茎から叢生している様が龍(蛇)のヒゲに似ていることによる。

特徴

日本全国及び中国、朝鮮半島に分布し、山林の日陰に自生する多年草。庭にも下草として植えられている。草丈5〜 30cm。7〜8月、10 〜30cmの花茎を出し淡桃色の花を咲かせる。11〜12月、濃青色のつやのある丸い種子をつける。種子はハズミ玉と呼ばれ、遊びに使われていた。
別名リュウノヒゲ。同属のヤブランも同じように用いられ、大葉麦門冬という。


ページトップ