» サワヒヨドリ

(キク科)

サワヒヨドリ

学会名
Eupatorium lidleyanum De Candolle
中国名
白鼓釘
生薬名
山蘭(サンラン)
薬用部
地上部
利用法
民間薬:解毒、鎮咳、去痰、降圧に煎服。 漢方薬:辛苦香淡湯、芳香化濁湯。
由来
サワヒヨドリはヒヨドリバナに似ており、湿地に自生することによる。

特徴

日本全国及び東アジアに分布し、日当たりの良い湿地に自生する多年草。草丈40 〜 70cm。茎は直立し、上部に毛が生える。葉は対生で、葉柄はない。8〜10月、茎先に白〜淡紅色の花を咲かせる。


ページトップ