» ササクサ

(イネ科)

ササクサ

学会名
Lophantherumgracile Brongn.
中国名
淡竹
生薬名
淡竹葉(タンチクヨウ)
薬用部
地上部
利用法
民間薬:利尿や糖尿病予防に煎服。   漢方薬:導赤散。
由来
姿が笹に似た草であることによる。

特徴

関東以西、四国、九州、沖縄及び台湾、朝鮮半島南部、中国、インド、マレーシアに分布し、山地の林内に自生する多年草。草丈40〜 80cm。茎は細く直立する。葉は笹の葉状で長さ10 〜30cm。8〜10月、茎の先に淡緑色の小花を円錐状に咲かせる。日本ではマダケやハチクが淡竹葉として使われる。


ページトップ