» キツネノマゴ

(キツネノマゴ科)

キツネノマゴ

学会名
Justicia procumbens Linne var. leucantba Honda
中国名
爵状
生薬名
爵状(シャクジョウ)
薬用部
全草
利用法
民間薬:鎮静、鎮痛、解熱、鎮咳に煎服。腰痛に絞り汁を浴剤とする。
由来
果実のついた穂を狐の尾に見たててつけられた名前で、マゴは花が特に小さくかわいいことによる。

特徴

本州、四国、九州及び朝鮮半島、中国に分布し、道ばたなどに自生する1年草。草丈20 〜 50cm。茎は四角で、多数分枝し短毛が密生する。葉は卵形。8 〜10月、白〜淡紅紫色の小さな唇形の花を咲かせる。果実は細長く二つに裂けて4個の種子をはじきだす。


ページトップ