» キキョウ

(キキョウ科)

キキョウ

学会名
Platycodon grandiflorum A. De Candolle
中国名
桔梗
生薬名
(局)キキョウ(桔梗)
薬用部
利用法
漢方薬:荊芥連翹湯、清上防風湯、十味敗毒湯、桔梗湯、清肺湯。
由来
中国名の桔梗の音読みのキチコウがキキョウに訛ったことによる。

特徴

日本全国及び東アジアの温帯に分布し、山地、原野に自生し、又は広く栽培される多年草。草丈40cm〜1m。茎は傷つくと乳液を出す。8〜9月、青紫色のつり鐘形の花を咲かせる。秋の七草のひとつで、朝顔はキキョウをさすと言われている。又、家紋や図柄にも用いられ、古くから親しまれてきた。最近、野生は少ない。


ページトップ