» カワラヨモギ

(キク科)

カワラヨモギ

学会名
Artemisia capillaris Thunberg
中国名
茵蔯蒿
生薬名
(局)インチンコウ(茵蔯蒿)
薬用部
利用法
漢方薬:茵蔯蒿湯、茵蔯五苓散。
由来
河原に生育するヨモギということによる。海岸の砂地にも多い。

特徴

本州、四国、九州、沖縄及び中国、朝鮮半島に分布し、河原や海辺に自生する多年草。草丈30cm 〜1m。茎はやや木質化する。9〜10月、緑黄色の小花を多数密生して咲かせる。花のつく枝とつかない枝で葉の形が違っている。
中国では花よりも苗の綿茵蔯の方がよく使用される。


ページトップ