» カワミドリ

(シソ科)

カワミドリ

学会名
Agastache rugosa (Fisch. et Mey.) O. Kuntze
中国名
藿香
生薬名
藿香(カッコウ)
薬用部
全草
利用法
民間薬:発汗、頭痛、嘔吐、消化不良に煎服。白癬菌などにチンキ剤として外用。 漢方薬:藿香正気散、香砂平胃散。
由来
学名Agastache rugosaは、葉が縮み力強い花穂をつけるという意味である。

特徴

日本全国及び東アジアの温帯から暖帯の山地、草原などに自生する多年草。草丈30 〜 80cm。植物全体に強い香りがあり、茎は直立し、上部で分れて四角形である。8〜10月、茎の先に円柱状に花を咲かせ、花弁は紅紫色で、雄しべが突き出している。


ページトップ