» オミナエシ

(オミナエシ科)

オミナエシ

学会名
Patrinia scabriosaefolia Fisch
中国名
敗醤草
生薬名
敗醤根(ハイショウコン)
薬用部
利用法
民間薬:腫れものに煎服。 
由来
黄色の粒状の花を粟飯に見たてオミナメシと呼ばれ、それが訛ったことによる。中国名の敗醤草は、生の草には臭いはないが、刈り取って乾燥させていると、醤油の腐った臭いがすることによる。

特徴

日本全国及び朝鮮半島、中国に分布し、山野に自生する多年草。8〜10月、小さな米粒大の黄色の花を傘を逆に開いた形に咲かせる。草丈60cm 〜 1m。
日本では「新撰万葉集」の中や「源氏物語」に「女郎花」と出ている。秋の七草のひとつ。


ページトップ