» オナモミ

(キク科)

オナモミ

学会名
Xantbium strumarium Linne
中国名
蒼耳、巻耳
生薬名
蒼耳子(ソウジシ)
薬用部
果実
利用法
漢方薬:蒼耳散、蒼耳益気湯。
由来
“なもみ”はくっつくという意味の“なずむ”が変化したものといわれ、メナモミに比べ全体が頑強であることによる。

特徴

日本全国及び台湾、ユーラシア大陸、北米に分布し、荒地などに自生する1年草。草丈1m。茎は分枝し短毛がある。葉は互生し葉柄があり、長さ5〜15cm。
8〜10月、枝先に黄緑色の花を円錐状に咲かせる。雌雄異花。果実はかぎ状のトゲで覆われている。最近、オオオナモミ、トゲオナモミ等の外来種が多くなり、本種は少なくなっている。


ページトップ