» ウド

(ウコギ科)

ウド

学会名
Aralia cordata Thunberg
中国名
土当帰
生薬名
ドクカツ(独活)
薬用部
根茎
利用法
漢方薬:独活 根湯、独活湯、独活寄生湯、疎経活血湯。
由来
茎の中身が空でこれを宇登呂(うどろ)といい、それが訛ってウドになったことによる。

特徴

日本全国及び朝鮮半島、中国に分布し、山地などに自生する多年草。草丈2m前後。葉は鳥が羽を広げた形である。8〜 10月、薄緑色の小さな花を球状に咲かせる。タラノキと同じように春に新芽を食する。茎が中空でもろく大きいばかりで役に立たない意味で「ウドの大木」といわれる。


ページトップ