» アキノキリンソウ

(キク科)

アキノキリンソウ

学会名
Solidago virga−aurea Linne ssp. asiatica Nakai
中国名
毛集
生薬名
一枝黄花(イッシオウカ)
薬用部
茎、葉
利用法
民間薬:かぜの頭痛やのどの痛み、腫れものに煎服。
由来
キリンソウは花の咲く頃は茎の下部は葉が枯れ落ちるので、その様をキリンの足に例えたことによる。

特徴

日本全国及び朝鮮半島に分布し、平地や山地の日当たりの良い道ばたに自生する多年草。草丈40〜80cm。8〜10月、茎の上部に穂のように黄色の花を咲かせる。同属のセイタカアワダチソウよりも全体が小さい。別名アワダチソウ。


ページトップ