» コハコベ

(ナデシコ科科)

コハコベ

学会名
Stellaria media (L.) Villars
中国名
繁縷
生薬名
ハコベ
薬用部
全草
利用法
民間薬:利尿、催乳、また産前産後に煎服。生の葉をカミソリまけ、 あせも、瘡傷、中耳炎、打撲に外用。茎葉の乾燥粉末を歯磨き剤とする。
由来
本草和名には、波久倍良(はくべら)の名がありこれが訛ったことによる。

特徴

世界中に分布し原野、道ばたに自生する越年草。茎は密生し、地面を這って伸びる。葉は対生で柔らかい。3〜5月、小さい白色の花をつける。春の七草のひとつハコベは、このコハコベとミドリハコベのことである。


ページトップ