福岡市薬剤師会

会員管理システム

市民のみなさま

≪学術研修委員会≫ 免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象を見逃さないために

病診薬連携におけるFRENS※1案内

   ~免疫チェックポイント阻害薬による

           免疫関連有害事象を見逃さないために~

 近年、免疫チェックポイント阻害薬(immune checkpoint inhibitor : ICI)の登場で、様々ながん種の治療が一変し、ICI 使用患者は年々増加しています。ICI投与終了後も、長期間にわたって免疫関連有害事象(irAE)に注意しなければならず、薬局薬剤師もその役割を果たさなければなりません。

免疫関連有害事象(irAE)を見逃さないためには、継続的なモニタリングが必要となります。連携のためのツールとしてICIシール・副作用確認シートを作成しました。「病診薬連携によるirAEモニタリング」にご活用ください。

お薬手帳を利用して、患者様の情報を共有し、みんなで患者さんをサポートしていきましょう。

※1Fukuoka irAE Management System

 

【薬局での免疫関連有害事象(irAE)モニタリング手順】

手順① お薬手帳にICIシールが貼付されている場合は、ICI使用履歴があることを表しています。

 

手順② 副作用確認シートを用いて免疫関連有害事象(irAE)を確認しましょう。

 

手順③ 副作用確認シートは各薬局で保管ください。

    必要に応じて医師(病院)へフィードバックしてください。

 

 

 

薬局でICIシールが必要な場合は、送付させていただきますので所定の申込書を市薬事務局までFAXにてお送りください。なお、副作用確認シートはHPから印刷してご利用ください。

(市薬事務局FAX:092-714-4421)

ICIシール申請書2021

副作用確認シート(202101作成_薬局Ver)

 

 

▷ 免疫チェックポイント阻害薬とは?

免疫チェックポイント阻害薬(基礎講座)

病診薬連携によるirAEモニタリングの実現に向けて

 

福岡市薬剤師会、医薬品についてのお問い合わせはこちらCONTACT

お問い合わせ